ミッキー&薩摩琵琶好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 予選落ち組の、すずめが「ぴーちくぱーちく」

<<   作成日時 : 2005/09/23 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

人の心の中まで正確には分かりません。でも推理は可能です。昨日薩摩琵琶の友人達とおしゃべり・・・・話題はやはり「琵琶のコンクール」

なんだか今回は「まんべんなく、参加会派(?)に入賞が振り分けられたみたい?」
「良い傾向だと思うな・・・・芸の傾向がそれぞれ違うもの」
「飛び抜けて凄い!が居ないなら、そうするしかお偉いさんには、できないんでしょうね?」
「若いある人が予選落ち。どんな人が自分と戦い、どの人に自分が負けたか知りたくて、本戦を見にきたそう。だけど???ますますこの会は何を基準に、審査してるか不信が・・・・・・と言う人が居た」「ウン!本当・・・・・・」
「多分、同じ流派とか会派で、この会は何人なんて枠あるんじゃない?」
「同じ曲で較べてるらしい、と言う人もいる」と・・・・・・・・・・・「落ち組の噂」はつきません。

一段落して「今年の傾向」
「弾法は基本のものを弾く傾向よね」
「歌はめりはり、をはっきりつけた(?)謡い方」
「ううんーちがくて、めりはりではなく、強調を極端につけた・・・・」
「上位の1位はマアー納得、でも少し見た目の良さが強い?」
「2位以下がどうしてか、わからない?」「ウン、取り立てて、て感じがない」
「お馴染みの、決まり切った人、以外が入賞したのは良いと思うな、あんなに毎回お馴染みがいると、やはり・・・・て思いますよ」
「うん、それはある、親が有名だったから、七光り?とか、私達とは無縁の世界?」

コンクールは、いつの世も「すずめが、ぱーちく、ぴーちく」

何が正しいとかそんな事は解らない・・・・・でもやはり「琵琶奏者が採点しないコンクールは?」は一致!
予選も会場で公開審査にすれば良いんですよね!コンクール参加は100人にも満たない!いや2桁!・・・・アホクサ!

もしくは、地区公開予選を導入すれば良い!各流派に持ち回りで「開催責任」を持って貰い、地元の御客さんにも聞いて貰い「予選」。この時点の参加資格は「当日の参加費用のみ」・・・上位何名かが、東京の本戦出場資格を獲得!本戦出場者は「?会への万の参加会費支払い」

テープ審査なんてムダ!不透明が起きる?又はあると見られる!

でも夢です。錦琵琶の水藤五郎先生とおっしゃられる先生は、とても大切な「まとめ役」でいらしたそうです。私達には直接判りませんが、「随分改革なさったそうです」

今年急にお亡くなりになり、もう・・・あの?会に改革したり、新しい事やろうとする方は居ないらしいです。確かにメンバー聞くと「保守の牙城」「長老の集まり」

メンバーの退会が今後多くなるかも、と友人達の予想。一面しかたないです「?会に居て、万の会費払って支持しても、その活動に疑問多くなれば、お金は払えません!寄付金ではないですから」

今年で退会考えてる人、私以外にもいました・・・

残念ですが・・・・・・お金は大切ですから・・・・やはり学者でも、「金田一先生」の存在は大きかったですね!?会の活動に疑問はありましたが、どこかで支持してましたから・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 始めまして、鶴田流修行中のびわ〜んと申します。
 ここ二年続けて新春名流会を見に行きましたが、上手い人が「名流」と呼ばれるわけでは無い世界であることが良く解りました。しかしまあ、お茶やお花でも同じような世界ですから、それを否定すると、日本伝統文化は成り立たないのでしょうね。
 私はとても上手い師匠に付くことが出来ましたので、とても満足です。
びわ〜ん
2006/02/22 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
予選落ち組の、すずめが「ぴーちくぱーちく」 ミッキー&薩摩琵琶好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる